NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルーでいいかと思ったので昨日は書きませんでしたが・・・

実は、父が亡くなりました。

昨夜、母から共通の知人を通して知らされました。

だから何って訳でもないのですが、一応上の兄に連絡したら、
来ると言うので、しばらくゴタゴタするかもしれません・・・

スポンサーサイト

兄嫁とデート・後編

続きです。


結局、兄達がどんなものを食べる予定だったのか興味があり、引き受けました。
しかし、なんだか高級そうなフレンチレストランの外観を見て、一気に後悔した私。


(テーブルマナーとか自信ない・・・)


何かの記念日でもないのに、何故こんなに気合入ってるんだ!?(((( ;゚д゚))))



これがオトナのデートなのか!?



と圧倒されつつ、自分の食い意地を恨みました。


まぁ、多々問題あったとは思いますが、
そんなこんなでなんとか食事を済ませ、最後のコーヒーを頂いていると、
お髭が素敵なシェフが挨拶に来られました。

ちょこちょこっと話していると、そのシェフ、「やはりお兄さんと良く似ていますね。」
一瞬、いや、全然似てねーよ・・・と思ったのですが、

「・・・声が。」

と言われ、ハッとしました。
義姉も、「そう言えば、私も最近どっちの声か迷う事があるのよ。」と。

その後は、タクシーを呼んでもらってそのまま帰宅しました。
(因みに、緊張していて料理の味はよく分かりませんでした・・・orz)


翌日。

学校から帰ると、兄も帰ってきていました。

「あれ?上海行ったんじゃなかったの?」

と聞くと、兄、

「行ったよ?でも朝一で帰って来ちゃったよ(笑)
久々のデートをすっぽかしたからM子が寂しがってるんじゃないかと思って。」


(;´∀`) フットワーク軽っ!!


昼頃帰宅し、昨日行けなかったベビー用品の下見に、義姉と一緒に出掛けたそうです。
さすが!?ドタキャンのフォローは忘れません。

しかし、話していると、シェフの言う通りよく似ています。(声が)
この人と本当に兄弟なんだ!とチョッピリ感動した私は、しばらく兄を見詰めてしまい、


「な、なんだよ。まさかお前も寂しかったのか・・・?」


・・・と気持ち悪がられましたorz


義姉との初デート?はこんな感じで終了です。

が、私が義姉と歩いている所を誰かに目撃されていたらしく、
翌日登校すると、またもや妙な噂が飛び交っていました・・・(;´Д`)

兄嫁とデート

高校3年の夏。ある日曜の事。

その日、兄と義姉は二人で出掛ける予定でした。
義姉のつわりがようやく落ち着いた(長男妊娠中)ので、
一度一緒にマタニティーやベビーグッズを見に行こう、となった様です。

ゆっくり午後から出掛けて、夜は馴染みのレストランでディナーと言うプラン。
久々のデートと言う事で、義姉はウキウキと準備をしていました。

しかし。

そこで兄の携帯だかPHSだかが鳴り、何やら揉めている様でした。
何かあったとしても、基本的には先約(デート)を優先するはずですが・・・

非常にイヤな予感がします。

兄はしばらく、「無理」とか「そっちでなんとかして」とか言ってましたが、
やがて不機嫌そうに電話を切ると、


「ごめん、M子。俺、行かないと・・・」



予 感 的 中 (;´∀`)



どうやら、どうしても兄が行かなければならない事態が発生した様です。
余程の事だと言う事が分かるので、義姉も文句ひとつ言えません。

そして、

兄 「夕食だけど、今からキャンセルするのも悪いし・・・K太郎、代わりに行かないか?」

私 「えっ!俺?夕方までに帰って来れないの?」

兄 「夕方?フフ・・・無理。俺今から上海に飛ぶし。」


上海!?Σ(゚∀゚ノ)ノ

よりによってこんな日に・・・!?



・・・続く。(続きは多分明日以降になるかと。)

パパ、また来てね!

突然ですが・・・

「パパ、また来てね!」

と、子供に言われてしまうお父さん、実際に結構いらっしゃる様ですね。
しかし、こんなの、まだ可愛いものです。

昨日の記事を書いていて思い出したのですが、
長男の誕生をこんなにも喜び、可愛がっていた、父親である兄への、
長男の仕打ちはこんなものではありませんでした!

確かに、兄は多忙で超不規則な生活を送っていて、いつ家に帰ってくるか分からない人でした。
帰ってきても、長男が寝ている間にまた出掛けてしまう事が多かったり・・・
起きている時に会うのは、週に一度あるかないかだったかもしれません。

しかし、しかし・・・(´;ω;`)


あれは確か、長男が3歳くらいの頃だったと思います。
朝起きると兄が帰ってきており、リビングでくつろいでいました。
少し遅れて起きてきた長男は、兄を見つけると、

「あ!おとうさん!!」

と、トコトコ走り寄りました。
兄も、久々に起きている長男を見て、「おはよう、Q太」と嬉しそうに声を掛けました。

そこまでは良かったんです。

この後、長男が何と言ったと思います?




「おとうさん、また来たの?」




・・・(つД`)


「また来てね」と「また来たの?」は、2文字しか違わないのに、
こんなにもダメージが全然違うのは、一体何故でしょうか・・・?orz


さらに、幼稚園の「父の日」のお絵描きで、

「おとうさんの顔分かんないから、パパを描いた

と、私の絵を描いてくれた事もありました。(パパって・・・)

恐らく、C兄が言っていた「兄が悩んでいた」と言うのは、この時期の事でしょう・・・
今思い出しても、兄が気の毒でなりません。


働くお父さん方!
なるべく早く家に帰って、子供に存在をアピールしましょう!!

「声」その2

続きです。


ところが、あれは私が高3の、ある日の事です。
義姉と二人で行った(何故そんな事になったのかは、いずれまた)レストランのシェフから、

「声がお兄さんによく似ていますね。」

と言われ、自分も兄達と同じ声になっていた事に気付きました。

同じと言っても、年子の兄達と比べ私は年齢差が大きい所為か、
同時に聞き比べるとやはり少し違いはありましたが・・・

しかし、初めて血の繋がりを感じ、嬉しく思いました。


で、話を戻します。
そのビデオに映っていた兄、今の私とほぼ同じくらいの年齢なのですが、
その声と私の声が、そっくりだったんです!!

長男もビックリしていました。
が、子守唄を歌う兄を見た長男の感想は・・・

「声は同じでも、お父さんは歌上手だったんだ!」


Σ(゚Д゚;)



どうせ俺だけだよ、オンチなのはっ!



orz

長男にも、もうすぐ変声期が来るはずですが、
やはり似た声になるのではないかと、密かに楽しみにしています。

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。