NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うそこメーカー『K太郎の10年』を振り返って

こんばんは、K太郎です。
先ほど過去のブログを読み返して、ちょっとギクッとしたことがあったので、
戒めの為に書きたいと思います。

しかし、戒めというか逆に、何もしなかったことに対して後悔する思いもあり、考えてしまいます。

まあこれを見てください。
2年前にうそこメーカーで作った『K太郎の10年』なのですが、これの2011年のところ。



2011年 不倫



って書いてありますよね…

いや、してないです!不倫なんて!!ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
でもそう言えば、去年、懐かしい人と再会してしまったんですよね…



双子の誕生目前の去年の夏ごろ、私かなり落ち込んでいたのを覚えていますか?
(って、ブログ殆ど書いてなかったですけどね。)

実はその少し前、以前付き合っていた女性と再会したのですが、非常にショックなことを聞かされました。

幸せな結婚をしていたはずの彼女、なんと3月の震災でご主人を亡くしたそうなのです。
本人は、出産の為に里帰りしていて無事だったと。

彼女は大学時代から数年付き合っていた女性なのですが、当時は結婚もかなり意識していました。
しかし、兄が亡くなり、M子さんやQ太たちへの私の対応に嫉妬する彼女を見て、
私といても彼女は幸せになれないと思い、別れたのです。

だから、別れた後もしばらくは彼女のことが気がかりでした。
その後、彼女が良縁に恵まれて子供も生まれたと聞き、私は間違ってなかったと、ほっとしていたのです。

それなのにこんな事なるとは…



「当時はつまらないやきもちでK太郎を困らせていたのが、今になってやっと分かった。」
と彼女は言いました。罰が当たったのかもしれないね、とも…

そんな彼女に、私は自分も結婚した事、もうすぐ子供も生まれることを告げ、
力になってやることが出来ませんでした。

「余計なこと」をしたばっかりに「余計なこと」になってしまうのが男って生き物です。
幸か不幸か、双子の誕生を控えたあの時期、私は自分のことでいっぱいっぱいで、
「余計なこと」に首を突っ込む余裕はありませんでした。

しかし、当時のM子さんと同じ立場になった彼女への手助けを、
「余計なこと」と切り捨てた私は、何か「変わってしまった」のでしょうか?

過去のことがどーのこーのではなく、「人として」してあげられることが、
何かあったのではないか?と後悔しています。

私はどうするべきだったのでしょうか…
スポンサーサイト

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。