NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • Top

独立の機会 その2

次に家を出る機会と言えば、高校を卒業時ですが、
3年になって、やっぱり大学進学したい、それも、薬学部へ行きたいと言った私に、
兄は言いました。

「いいよ、薬学部でも医学部でも。受かるなら。」

条件は、

・ チャンスは一回。浪人も留年も許さない。
・ 塾にはやらないから自力で頑張れ。


結構厳しい・・・Σ(゚Д゚;)
ただし、塾には行きませんでしたが、兄が家庭教師代わりで、
聞けば何でも教えてくれたし、一緒に対策を練ってくれたりしました。

今思えば、文系学部出身の兄が、理系を受ける受験生に教えられたのが凄い。
まぁ前職はかなり理系だったらしいですが、私は今高校生に教える自信ないですし・・・

しかしその頃、義姉が長男を妊娠しました。
つわりが酷く、ベッドから起き上がる事もままならなくなった義姉に代わって、
なんと私が、『主夫』の座に返り咲く事になりました(゚∀゚;)


ある日、夜中に帰宅した兄に、リビングで勉強を見て貰っていた時の事です。
私が問題を解いていると、た●ごクラブだかなんだかの雑誌を読んでいた兄が、言いました。

「言い忘れてたけど、大学は家から通える所にしてくれよ?」

(・・・そうだよな。学費だけでもかなり掛かるのに、下宿費用まで掛かったら大変だ。
ある程度自分で稼げたらいいけど、そんなにバイト出来そうじゃないしな。)

「子供は生まれてからも色々大変らしいからな。続けてあと2人くらい欲しいし・・・」

(うんうん。
子供が生まれればそっちにもお金掛かるし、子供達の学費も貯めないといけないしな。
大学行かせて貰うなんて、やっぱりなんか悪いな・・・)

「俺、忙しいから人手が無くなると困るよ。」



えっ?そっちの心配!?Σ(´Д` )



結局、便利な 可愛い弟を手放したがらない兄のお陰で、同居継続が決定しました(;´∀`)

しかし、世の中のお母さん達は、旦那さんが多忙でも一人で子育て頑張ってたりするので、
スゴイなーと本当に思います。
関連記事
  • Edit
  • Trackback : 0
  • Comment : 2
  • Top

Comment

2010.02.12 Fri 16:02  |  

こんにちは^^

読んでて、お兄さんの考えに納得してしまった私です(爆)

・・・というのも、私も息子の大学受験に対しての条件がまるっきり同じだったから^^;

うちは、医学や薬学に行けるほどの経済的余裕もないのに、そんな条件を出した私です・・・^^;;;

だから、息子は指定校で確実に決めたのか!?爆

まあ、大学くらい出といた方が良いと言う親でもないので、自分で行きたいと言うなら根性見せないという意味でもありました。

義姉さんは、子育てで一番手の掛かる時期に、K太郎さんがいてくれたことは、感謝してるのではないかな?

  • #-
  • ソーコ
  • URL

2010.02.12 Fri 23:14  |  ソーコさんへ

そうなんですか!!
割とよくある条件なんでしょうかね?

私の兄は、一度社会に出てから自力で大学に行った人ですが、(だから?)本音は私を大学に行かせたかった様です。
専門学校に行くと言っていた時も、反対はしませんでしたが。

>義姉さんは、子育てで一番手の掛かる時期に、K太郎さんがいてくれたことは、感謝してるのではないかな?

いや、それが・・・私がいたから兄が安心して?なかなか家に帰らなかったんじゃないかとも思うんです。
私がいなければ、無理してでももっと子育てに関わったのではないかと。
実際、長女の時は、(長男の時の反省を生かして?)頑張ってたんですよね・・・
そう考えれば、義姉にはむしろ悪い事をしたと思います。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://proposek.blog13.fc2.com/tb.php/129-07bdb735
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。