NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • Top

父の事(4)

続きです。




私の両親はエイリアンだった




と言う結論に達し、これ以上の交信は無意味と判断した私は、
財布の中にあった諭吉さん約3名を身代わりに残し、敵の本拠地から離脱しました。
(なお、諭吉さんたちは後日、店の黒服さんに連れられて帰還しました。)


すみません。ちょっとSF風にふざけました。
しかし、実際このくらい不思議な体験をした気分でした。

この時点で私は、父に会う気は全くなく、
T兄(長兄)も同じだと思ったので、特に知らせもしませんでした。

父が死んだ時も、私は葬儀に顔を出すつもりもなかったので、T兄が来ると言うのは意外でした。
だったら死ぬ前に知らせれば良かったかと、後悔しました。
まぁ、危篤だった訳ではないので、あの時点で知らせても多分来なかったとは思いますが・・・

T兄が来ると言っても、私は行く気なかったのですが、
客用布団を取りにマンションに行った時に、事情をさらっと話すと、
当然の様に、義姉も葬儀に行く気に。

私は行かないと言ったのですが、
でも最後なのだから、と行く様に説得されました。

この人は本当に、誰からも愛されて生きてきたのだなと、
義姉に対して、初めて、イラッとしてしまいました・・・



続く。
関連記事
  • Edit
  • Trackback : 0
  • Comment : 3
  • Top

Comment

2010.03.24 Wed 16:13  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.03.25 Thu 12:04  |  

愛されて育ってきた人には理解しにくい感情でしょうね。
私は思うんですよ。
理解できる人とできない人と、世の中には二種類の人間がいるって。

今日はK太郎さんにこの言葉を捧げましょう。

「親はあっても子は育つ」

作家坂口安吾の言葉ですw


でも、そんな義姉さんだからこそK太郎さんは惹かれたのかも。
応援しています!

  • #mQop/nM.
  • 小夜
  • URL
  • Edit

2010.03.25 Thu 21:29  |  小夜さんへ

有難うございます。
たしかに義姉は、全く別の種類の人間だと思います。

>「親はあっても子は育つ」

はは ( ´∀`)
育ちますよね。

>でも、そんな義姉さんだからこそK太郎さんは惹かれたのかも。

おそらく、その通りです。
自分にないものに惹かれるのでしょうね。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://proposek.blog13.fc2.com/tb.php/159-48d0fbfb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。