NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • Top

蝶子とG君

G君(バイト先の店に新しく入った青年)が、私の事を羨ましがります(笑)

このG君、実は蝶子・・・いや、我が母上の紹介で入ったのですが、
彼は母の事を大変慕っている様なのです。
あの人なんだかんだで外面はいいからなぁ・・・('A`)

私の事は、「昔世話になった人の弟」と聞いていたそうで、
(確かにそれはそれで間違ってはないが、オイ・・・)
親子だと知ると、驚いて羨ましがっていました。

「若いし、綺麗だし~、授業参観とかで友達から人気だったでしょ?」
と、目を輝かせて聞くG君。

でも親って言っても物心付いた時から放置プレイだったよ、と言うと、

「それは、伸び伸びと育てられたってゆーんスよ!」

と反論されましたΣ(´Д` )




いや、絶対違うからっ!!




しかし、「俺もあんなオカンが欲しかったっすよ~」
と母にベタ惚れの彼の夢を壊すのもなんか悪いかと思い、

参観どころか、私が学校行ってるかどうかすら関心なかったとか、
高熱で寝込んでいたら、大人用のバファリンを2錠枕元に置いて出掛けてしまったとか、
時々何日も帰ってこないからスーパーの試食コーナーで飢えを凌いでたとか・・・

言えませんでした(;・∀・)



ところで。
ついでなのでウンチク垂れますが、市販の普通のバファリンと小児用バファリンって、
成分が全然違うって知ってました?

普通のバファリンはアスピリン、小児用バファリンはアセトアミノフェンです。
子供にアスピリンは不向きなので、量を減らしても代用は止めましょう!(普通しないと思いますが。)
と言うか、解熱剤の使用もなるべく避けた方が良いです。

出さないと親御さんががっかりするので医師は解熱剤を処方しますが、
子供が熱を出した時に大事なのは、水分と栄養の補給です。(まぁ大人でもそうですが。)
うちではこの栄養剤↓をよく使用していますが、はっきり言って、これで熱も下がります。



無理やり熱を下げる解熱剤より、身体に優しく早く治ります。
また、熱が出そうな時に前もって飲ませる事も出来、発熱を防げたりする事もあるので、
ちょっと高いですが、常備しておくと大変便利です。

なんか記事の半分がウンチクになってしまったorz
薬の話はあまり書きたくないんですけどね。
関連記事
  • Edit
  • Trackback : 0
  • Comment : 5
  • Top

Comment

2010.06.10 Thu 21:57  |  

最初から読ませてもらったけど、パスワードが必要な所は知り合いの人しか見れないの?

  • #-
  • 古泉美紀代
  • URL

2010.06.10 Thu 23:11  |  

> 熱を出した時に大事なのは、水分と栄養の補給です。(まぁ大人でもそうですが。)

この一文を読んで、学生時代のことを思い出しました。

1週間後に論文の提出期限をひかえた時期に発熱でダウンしたことがありました。
留年を覚悟しつつ病院に行って医師にその旨を告げると、
医師はひとしきり自分自身の論文提出時に切羽詰まった経験談を語って私に同情してくれました。
(私の本音としては「そんなことより熱を下げてくれ~」ですがw)

ようやく与えてくれた秘策は、クスリなど飲まなくてもいいからこれから言う通りにしろ。
①水分をたっぷりとって、暖かくしてとにかく寝ろ。
②汗をたっぷりとかくだろうから、そのたびごとに汗を拭いて新しい下着にすべて着替えろ。
③着替えたら、また水分をたっぷりとって、暖かくして寝ろ。
④のどが渇いたらガンガンと水分をとれ。吸収がいいからポカリスエットなんかがいいだろう。
 あとは①~④を繰り返すように。食欲があるのならメシも食べればよい。

騙されたと思って試してみたところ、翌日には熱も引き体調も元に戻りました。
翌々日には通常のペースに戻して、何とか提出期限に間に合わせました。

誰にでも勧められる方法ではないとは思いますが、
私の年齢や体格を見て、少々の無理ならききそうだという医師の判断だったのでしょうw

  • #mQop/nM.
  • 野次馬
  • URL
  • Edit

2010.06.11 Fri 00:01  |  プレゼント

小町で、最初のうちは、なんだよ、このトピ主、なにへたな創作書いているんだと、思わない訳でもなかったですが、全体を読み返し、また、このブログを発見してここ数日で何度も読み返し、確認できたことがあります。

K太郎さんにとって、バースデイプレゼントは天国からこそ届くもの。
生きている親からは、カード一枚すら届くことはない。

普通の人生しか知らない人にはなかなか共鳴してもらえず、ストレスがあるかと思われます。奥様といえども、この分野は一番苦手とするところではないでしょうか。
”昔世話になった人”から遺された有形無形のプレゼントを大切に、雑事は切り捨てていきましょう。



  • #LGXmHs1Y
  • Aisha
  • URL
  • Edit

2010.06.11 Fri 12:48  |  

遅くなりましたが、ご結婚おめでとうございます!!
小町の時からずっと応援していました。
結婚して今までと違った毎日でとても充実しているのではないでしょうか。
ベタですがM子さんと幸せな家庭を作っていってくださいね。

ところで。
子供の解熱の話…上の息子が小さかった頃、風邪で熱を下げるために2度座薬を使ったことがあります。
座薬は効果的で翌日には熱「だけ」は下がるのですが息子の手がものすごく冷たい。熱が下がるので一時は元気になってもまた熱を出す。

2度使い2度とも同じ状況になったので、座薬というか解熱剤を使うこと自体に疑問を感じるようになりました。この時にふと考えたんです。どうして体は熱を出すのか?と。
体内に入ってきたウイルスを体が熱を出す事でウイルスを殺す、という事がわかり、高熱が何日も続く事がなければ解熱剤を使う必要はないのでは?と考えたんです。
主人も異常に冷たい息子の手を触りながら「二度と座薬を使うな」と言ったこともあり、それ以降使っていません。
結局、熱を下げても原因であるウイルスはまだ死なずに体内にいるからまた熱を出すんですよね。

それまでは医師の言うとおりに処方された薬を飲ませていましたが疑問に思ったら調べるようにしています。

  • #-
  • Kana
  • URL

2010.06.13 Sun 02:08  |  

古泉美紀代さんへ、
限定公開記事は、知り合いじゃない人しか読めない仕様です(´∀`)
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://proposek.blog13.fc2.com/blog-entry-130.html

野次馬さんへ、
論文間に合わないと焦りますよね~(´∀`;;)
結局、暖かくして寝るのが一番なのでしょうね。
解熱剤で無理に下げると、だるくなるし反って長引く事が多いですから…
無事治って留年免れてよかったですね。

Aishaさんへ、
いやー、あり得なさそうな話を書くのは難しいですね。
しかし、今思えば話半分で読んで頂いた方が都合良いのに、あの時は何であんな馬鹿みたいにむきになってたんでしょうね、私は。
かなり精神的に参っている状態だったんでしょうね。そう言えば体重も落ちてましたし。
最近ちょっと太りました。幸せ太りでしょうか(笑)
今はですね、母達の事で傷つくことはないです。
色々あったけど、今となっては笑い話として楽しめます。

Kanaさんへ、
ありがとうございます。
まだ実感湧かないのですが、とにかく幸せです。
座薬、効きますよね。必要以上に…
しかし、仰るとおり、解熱剤は熱の原因を治すのではなく、休止させるだけのようなものなので、効果が切れるとまた熱が出るんですよね。
栄養剤でもしばらくするとまた熱が上がる事もありますが、原因と戦う手助けをするので、 通常は病気がそのものが早く治ります。
医師も喜んで解熱剤を出している人はあまりいないと思うんですけどね…
疑問に思うことがあれば、医師か薬剤師に説明を求めると良いですよ。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://proposek.blog13.fc2.com/tb.php/198-87f00750
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。