NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • Top

2009年11月10日2:54

スミマセン。この日、飲んでました。ちょっとヤバイです。

>今のご家庭の雰囲気、どうですか?子供が寝た後二人でゆっくりお茶飲んで話したりとか、してますか?
>おねえさんのほうからお茶飲もうと誘ってくれたりしますか?さらに相談事をされたり、していますか?

お茶を飲みながら話したりというのはありますが・・・兄が亡くなって以来、
お互い、いや特に私のほうが一線引いてしまっています。あ、相談事は普通にされますよ。
子供達の父親役を演じるのは、まぁ多分兄の存命中からすでに少しそんな感じだったので問題ないのですが、「夫」としての領域に踏み込むことに抵抗を感じるのです。

大体、兄は本当に死んでいるのでしょうか!?

子供は生まれるし、未だに家計を支え、子供達の誕生日には毎年カードとプレゼントを送ってきます。
そして義姉は兄を想い続けている・・・

確かに身体はもうありませんが、死んでいるとはとても思えません!!

ああ、こうやって文章にしていく内に、私が感じていた不快感の原因が分かってきましたよ。
義姉、と書いていますが、最初に述べたように、少なくとも私の中では「姉」という感覚がないので、
彼女を想う事に近親相姦的な罪悪感はありません。

ですが。
「夫」の領域に踏み込むことは、兄に対する裏切りではないでしょうか!?
ええ、死んでいればそう問題ないのです、死んでいれば!!!

すいません、トピのタイトルを間違えたようです。
「死んだ兄に怯えています!」が本音でしょうか???


≫次(2009年11月10日22:44)へ進む

関連記事
  • Edit
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://proposek.blog13.fc2.com/tb.php/20-f5b7238b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。