NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • Top

2009年11月13日2:41

話がそれてきましたが、ついでなので今書きます。
兄の職業は保持資格・特技とあまり関係ないです。
私が兄に引き取られた当時は、特技を全く活かせない仕事をしていました。
長女が生まれた頃に転職し、『命の危険を伴う仕事』に就きましたが、特殊と言うほどではなく、
イメージとしては消防士が近いです。

話は戻り、
信じがたいのですが、長男妊娠中、兄が「俺は良い父親になれるのか?」と泣いた事があり、
子供が生まれてからもずっと悩んでいたそうなのです。

義兄が言うには、

兄は母親を愛していたが、母親は働き尽くめで十分に甘える時間もないまま亡くなった。
父親には殴られて育った。
兄は自分の子供に『理想の父親』と『理想の母親』を与えることで、心に残ったキズや寂しさを埋めようとしていた(のではないか)。

自身の母によく似た妻を娶り、やがて子供が生まれ、妻はまさに『理想の母親』だったが、
自分は『理想の父親』になれなかった。『理想の父親』がどんなものかすら分からない。
気が付けば、その役をこなしているのは弟(私)だった。

「同じ父を持つあいつに出来て何故俺にできないのか」と悩み、嫉妬していた。

兄は父親の座を取り戻すべきだったが、そうせず仕事に逃げていた。

・・・だそうです。

私から見れば兄は子供を愛していたし、ちゃんと「良い父親」で、悩んでいる事になど気付きませんでした。
兄が私に嫉妬していたとは意外です。
当時高校生で暇だった私は、多忙な兄に代わって色々と子供の世話を焼いていましたが、良かれと思ってやっていた事が兄を傷つけていたとは・・・ショックです。


≫次(2009年11月14日1:34)へ進む

関連記事
  • Edit
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://proposek.blog13.fc2.com/tb.php/27-1a3e9f4a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。