NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • Top

2009年12月4日20:04

>なぜ相続放棄しなかったのですか?
>本来なら配偶者と子供が相続するはずの家です。
>放棄しておけばこんなにややこしくならなかったのに。

はい、そうです。
当時きっぱり放棄しておけば良かったんです。

しかし、義姉・義兄・兄が指定していた遺言執行者(兄の友人)から兄の意思を酌むようにと説得され、また、義姉が「あなたが放棄しても私は受け取らない」と言うので、私も義姉も放棄してしまったら兄の家が父親に渡ってしまうと懸念して(勘違いだと後で知りました)、受け取ってしまったのです。

その時にちゃんと専門家に相談して決めればよかったのですが(初めて弁護士に相談したのは登記が済んで、私が遺言書を作ろうと思った後です)、あの頃の義姉は夫を失った心労が原因か、末子の妊娠中トラブル続きで入退院を繰り返していた為、私は託児所と職場と自宅と病院を行ったり来たりする生活で、遺産の事ばかり考えている余裕はなかったのです。

「現金が欲しい」と言えば、義姉は無理してでも買い取ってくれると思いますよ。
維持費(特に管理費部分)が異常に高いこのマンションを義姉に売りつけたくないのは私です。
これを買うくらいなら一生賃貸の方が良いと思うので。

義姉は引っ越すつもりかも知れませんが、住み続けるなら家賃は多分受け取る事になると思います。


≫次(2009年12月7日20:14)へ進む

関連記事
  • Edit
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://proposek.blog13.fc2.com/tb.php/55-ab7e5aff
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。