NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • Top

胸がキュンとなった瞬間(長男編)

長男は、隔世遺伝ってヤツでしょうか、兄にも義姉にも似ていません。
強いて言えばC兄と似ていると言われます。

しかし、成長するにつれ、性格が兄に似てきたと思います。
顔は全く違うのに、表情や仕草が驚くほど似ています。
怖いもの知らずで、「失敗したらどうしよう」などと考えた事がなさそうな所もそっくりです。
(ただし、長男の場合、失敗も多々ありますが・・・)

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとって、長男は子供達の中でも特別な存在です。
何と言うか、辛い時期を一緒に乗り越えた『同士』って感じでしょうか。
子供達はみんな可愛いのですが、そう言う意味で、長男だけは特別なのです。

父親の急死に相次いで、母親の入院。
子供達にとっては不安でいっぱいの辛い日々だったと思います。
それまで騒がしいヤンチャ坊主だった長男が、泣きも笑いもしなくなってしまったほどですから・・・

それでも、「お母さんがいい」「お父さんがいい」と泣く小さな妹の為に、
まだ5歳の長男が、『お兄ちゃん』として頑張っていました。

家と職場と託児所と病院を行ったり来たりする毎日に、限界を感じていたのは私です。
職場では新入り。それに、まだまだ勉強が必要な時期。
これ以上休みを取るのは厳しいし、時には残業も夜勤もあります。

恋人には振られるし、最悪です。

私は、段々イライラが隠せなくなってきました。

私は一体いつからシングルファザーになったのか? どうしてこんな事になったのか?
でも、私が面倒を見なければ、この子達は施設にでも預けられるしかないじゃないか!
それもひとつの方法かもしれない。私には荷が重過ぎる。自分の子供でもないのに・・・

でも、それこそ施設行きだったかも知れない私を引き取ってくれたのはこの子達の父親じゃないか。
ここで見捨てるのは余りにも薄情なんじゃないか・・・?

いや、でも、施設って言っても義姉が戻ってくるまでの間だし・・・
それも仕方ないじゃないか。このままでは私は仕事も失うかもしれない。

でも・・・

そんなある日、長男が言いました。

「Kはどこにも行かないよね・・・?」

私の気持ちを見透かしていたのか、大きな目に涙をいっぱい浮かべて・・・
私が、何を犠牲にしてでもこの子達を守りたい、と思ったのはこの瞬間です。

あ、胸がキュンではなく、むしろ頭ガツンな瞬間ですね。
今日は久々にシリアスでした。(オチもありません。)
関連記事
  • Edit
  • Trackback : 0
  • Comment : 2
  • Top

Comment

2010.01.09 Sat 23:31  |  

K太郎さん、こんばんは。
小町のトピを立てられた当初からず~っと拝見&応援していました。
あのトピを読む限りでは、お兄さん夫婦との同居、子供達の父親代わりと、ごく自然に行われたように思えたのですが、普通の若者らしい葛藤や悩みもあったのですね。
(新婚のお義姉さんに小姑よろしく意見する所、笑えました‥)
お義姉さんに告白された後、ご一家が引越しされるのでは?子供達との仲がギクシャクするのでは?と心配していましたが、今のところ変わらないようで安心しました。
もしK太郎さんの想いが成就しなくても、ずっと子供達のいい相談相手でいて下さいね。

  • #2qaJ23q.
  • ぱんだ子
  • URL
  • Edit

2010.01.10 Sun 09:11  |  ぱんだ子さんへ

こんにちは。
ここを見つけてくれてありがとうございます。

はい。トピには書ききれなかった事、書かなかった事、色々ありますが、本当は割と普通の若者?です。
子供達の事は、ずっと見守っていきたいです。

>新婚のお義姉さんに小姑よろしく意見する所、笑えました‥

「馬鹿!何やってるんだ、当時の俺!!」と、もしタイムマシーンが出来たら一番に言いに行く予定です!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://proposek.blog13.fc2.com/tb.php/88-7a71ae5a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。