NEW
更新履歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • Top

同居の心得(基本編)

小学6年の時に兄に引き取られ2人暮らしていた私ですが、兄の結婚により、
「若夫婦+思春期の少年」の不思議な共同生活が始まりました。

一般的によく問題となる舅姑との同居と比べてどうかは分かりませんが、
普通の女性の感覚であれば、まず「遠慮します」的状況であったかと思われます。
さらに、数年後には兄(夫)不在同居と言う離れ技に至ってしまう訳ですが・・・

私、今でこそ、「義姉を愛しているんです」などと言っておりますが、当時は所詮、反抗期の糞ガキです。
突然現れた美しい兄嫁はある意味ライバルで、始めはそれなりに衝突もしました(苦笑)

では、ここで同居の心得(基本編)


その1)一家に主婦は2人要らない

兄に引き取られてから色々仕込まれた私は、以来約3年間、家事一切を やらされて 任されていました。
そこへ義姉が専業主婦として嫁いで来たもので・・・

「やったー♪これからは普通の高校生活をエンジョイできるぜ!!」

と喜べばいいものを、何故か対抗心を燃やした私は、
アイロンはもっとピシッと!とか、兄の好みの味は云々・・などとダメ出しを!!(小姑かっ!)

そこで必要なのが同居の心得(基本編)


その2)同居夫は常に妻の味方になるべし

それまで和食中心の一汁三菜が食の常識だとうるさく言われてきたのに対し、
義姉が作る料理は「オードブル+メイン+デザート」が基本。
これが面白くない私は、キッチンに乱入して厭味たっぷりに勝手に品数増やしたりしていました。

しかしある日、珍しく早く帰宅した兄に現場を押さえられ、私は正式に『主夫』を解任されてしまいました。
「俺は現状に満足しているから口も手も出すな。お前はもう当分何もしなくていいから。」と。

でも俺に言ってた事と全然違うじゃん!!と抗議する私に、兄はニッコリ笑って、一言。



「常識さえ覆す・・・それが愛だよ


・・・。

ノロケかよっ!?



(後日談として、義姉はすぐに日本型の一汁三菜も作れるようになりました)
関連記事
  • Edit
  • Trackback : 0
  • Comment : 2
  • Top

Comment

2009.12.23 Wed 17:27  |  欧米かっ!

>義姉が作る料理は「オードブル+メイン+デザート」が基本。

欧米かっ!

とついツッコミ入れたくなりましたe-68

  • #-
  • purin
  • URL

2009.12.23 Wed 23:16  |  Re: 欧米かっ!

あ~。はい。
義姉は結婚前までのほとんどを海外ですごしているので仕方がないです。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://proposek.blog13.fc2.com/tb.php/9-046b121c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール


最近のマイブームは「読めそうで読めない漢字DS」密かにハマッてます。

(画像は脳内メーカーより)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

※ ブロとも申請には FC2ブログへの登録が必要です。

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © K太郎
アンチエイジング方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。